menu menu2
SERVICEサービス紹介

ご予約・お問い合わせ

06-6151-3209

06-6151-3209

生前贈与のご相談

生前贈与とは、相続が発生する前に自己の財産を相手に与えることです。生前贈与は、相続税対策の一つとしてよく利用されている方法です。
相続税対策としての制度には、基礎控除(暦年課税)、配偶者控除の特例、相続時精算課税などがあります。
基礎控除(暦年課税)は、贈与税の1年間の基礎控除額の110万円を使い、何年かに分けて少しずつ財産を贈与する方法です。
配偶者控除の特例は、婚姻期間20年以上の夫婦間で居住用不動産等の贈与があった場合に、一定の要件を満たせば、基礎控除額110万円のほかに最高2,000万円の控除が受けられる制度です。
相続時精算課税は、60歳以上の父母又は祖父母から20歳以上の子又は孫に対する贈与の場合に、一定の要件を満たせば、利用できる制度です。
どの制度が有利かは、ケースバイケースですので、税理士など専門家に相談の上、慎重に行う必要があります。

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top